「昔は良かった」って話はやめよう。

良く年配の人が場つなぎののためか、
「昔は良かった」「昔は携帯が無くて良かった」とか言うが、
これを聞くとイラっとする。

こういう現在と昔を比較して、昔を美化するのは、
発言者と聞いてる方の立場が平等ではない。
なぜなら聞く側はその「昔」を知らないから。つまり情報の偏りだ。

大体知らん事を美化されても困る。ほとんど時間差別と言ってもいい。

今さら携帯が無い時代の良い事を語ったって、
今生まれてきている世代は、そんなの関係無く、携帯が当たり前の世代だ。
そんな事言っている限り、世代間の隔たりは縮まらないのではないか。


自分も27歳になってしまった。

最近の僕より若い人は「ヘナチョコだ」「甘い」とか言う人が多いが、
確かにそうなのかもしれない。

ただ、若い人のバイタリティが無くなってるのが事実だとしても、
それがいつかは常識の時代が訪れるわけだ。
受け入れるしか無い。

昔を美化しているだけでは、前進はない。
現在を受け入れて、現在にウケることをやらないと成功は無い。

そんな気がする。

このブログの人気の投稿

酷すぎる!映画チケット予約「KINEZO」

「龍角散ののど飴」について、知っておくべき事。

行動記録アプリ「Moves」と「Moves Export」の使い方