iPhoneで始めるライフログ。


iPhone4Sを発売日に買ってから、今日で2週間。
今まで3GSを使っていたので、体感速度はかなり上がった。

速度が上がると、今まで遅くて使っていなかったアプリを使う気になった。
例えば、、、
  • Instagram(写真投稿アプリ)
  • foursquare(位置情報共有アプリ)
  • Facebook
  • Google+
こういうアプリを積極的に使い始めると、
日々の行動をデジタルデータに記録するライフログが簡単に出来る。

これからは脳に頼らず、iPhoneに頼って記憶していけば良いわけだ。
暗記が苦手な自分には最高の解である。

早速、色々設定してみたので、その概要をここに残そう。
(これも一つのライフログだ)


1.行った場所の記録

もちろん位置情報共有サービス「foursquare」を使う。
食事やショッピング、観光など行ったところでとにかくチェックインしまくる!
まぁ、ここまでなら、Facebookでも出来る。

「foursquare」の良い所は、その履歴をRSS形式などで取得できることだ。
特に私のお気に入りは、Googleカレンダーに表示できること。
Googleカレンダーに表示できれば、iPhoneでいつでも確認できる。
何よりも、半永久的に保存できる。


2.写真の保管

Instagramで撮ったり、デジカメで撮ったりした写真は、
全てGoogle+(=Picasaウェブアルバム)に保存される。
流れはこうだ。
iPhoneで写真を撮る

iCloudの「フォトストリーム」に流れる

家のPicasaで取り込む。(この時デジカメの写真も取り込む。)

無限の容量のPicasaウェブアルバムに保管する

半永久的に保存できる。


3.思ったことやメモの保管

これはEvernoteで決まり。
いつもの考えをメモっておけば、何を考えていたのか、
いつでも見返す事ができる。


4.作成したドキュメントなどの保管

Dropboxで決まり。
仕事などで作った資料や、映像はクラウドに保管しましょう。
パソコンなどのハードに縛られること無く、
いつまでもログっておける。


とまぁ、こんな感じであらゆる情報をクラウドに保存。
素晴らしい世の中になったものである。


このブログの人気の投稿

酷すぎる!映画チケット予約「KINEZO」

「龍角散ののど飴」について、知っておくべき事。

行動記録アプリ「Moves」と「Moves Export」の使い方