快感!「ビヒタスヨーグルト」の蓋が毎回キレイ!


ヨーグルトが花粉症に良いと聞いたので、
いつからか毎朝ヨーグルトを食べている。

いつも食べていて思うのだが、
蓋に付くヨーグルトをスプーンでキレイにとるのが面倒で、
洗って捨てる時も、蓋を洗わないといけない。

そんなの当たり前!仕方ない!
と、諦めていたある日。。。



いつも適当に買っていたヨーグルトの中で、
確実に蓋がキレイなヨーグルトがあることに気付いた。

最初は、買ってから運ぶ間の揺れが少なかったのかな?
なんて想像もしていたのだが、それにしても蓋がキレイなのだ。



ほら、こんなにキレイ!



これは何かあると感じて、色々調べてみると、
森永乳業さんの「ビヒタス」だけキレイという法則を発見!
実は森永乳業さん、とある凄い技術を導入していたのだ!

東洋アルミニウム株式会社と森永乳業株式会社が共同で開発した、
撥水性機能を有する包装材料(TOYAL LOTUSR)を採用しているそうだ。

蓮の葉を思い浮かべて欲しい。
水が撥水して真ん中に溜まっている様子をよく見るだろう。

蓮の葉の上の水

蓮の葉と同じように、表面に細かい凹凸をつけて、
撥水性をあげ、ヨーグルトが付きにくくしたそうだ。

いやぁ~、凄い。
こんな身近な商品も進化しているんですね!

これを知ったら森永乳業さんの「ビヒダスヨーグルト」しか
買えなくなっちゃいました!

【参考URL】
4ポットヨーグルト史上初!ヨーグルトが付着しにくいフタに!

このブログの人気の投稿

「龍角散ののど飴」について、知っておくべき事。

酷すぎる!映画チケット予約「KINEZO」

家計簿「Kakeibon」対「Money Forward」 徹底比較!