無料WEB家計簿「Kakeibon」の有料機能をレビュー!

無料のWEB家計簿「OCN家計簿」がリニュールして「Kakeibon」というサービスになりました。それにともなって、基本機能の追加と有料オプションの提供が始まりました。オープンから数日で、早速有料オプションに申し込んだので、レビューしてみたいと思います。

※旧OCN家計簿の紹介はこちら
楽な無料家計簿、「OCN家計簿」の凄さ。

まずはリニューアル情報の整理。

▼追加された基本機能
・スマートフォン対応!!!
・セキュリティ対策(二重認証や端末登録など、12月中旬以降導入)

▼有料機能
・明細一括編集!!!
・明細検索機能(ex.新着明細を簡単に表示・編集できる)
・明細自動処理フィルタ
・現金管理
・目標管理
・マンスリーメール

▼有料化によるマイナスポイント
・明細のCSVエクスポート(以前はβ機能で無料だった)
・明細の閲覧期間(無料だと1年間限定に)

といった感じ。有料の価格は月額210円。安い方だと思います。

嬉しいのは「スマートフォン対応」と「明細一括編集」「明細検索機能」でしょうか。そのうち2つは有料オプションなので、早速登録してみました。


1)スマートフォン対応


まずは無料でも使えるスマートフォン対応。最近は「Money Forward」等のベンチャーもこの分野に参入している中で、OCN家計簿の弱点とも言われていた部分です。以前はzaimで現金管理しか出来ませんでしたからね。「Kakeibon」では普通のブラウザで閲覧します。「Money Forward」のように専用アプリはありません。(zaimとの関係でしょうか)


ログインすると、まずカレンダーが表示されます。これはPCで見ている画面と同じですね。スマートフォンの場合、カレンダー表示はあまり意味が無いと思うんですが…どうでしょう?個人的には明細の編集や、今月の支出の状況などをパッと見たいんです。ユーザーの声を聞き、ブラシュアップを望みたいところです。

ちなみに、カレンダーをフリップすると過去の履歴が見れます。また、PC画面と同じく、カレンダーの下には明細が表示されています。


これが家計簿リスト。明細を編集できます。ただし編集できるのは「費目」のみ。内容や金額は編集できません。下にあるメニューから選ぶ「家計簿リスト」も全く同じ画面です。


資産一覧も確認できます。ただし、資産の新規追加はスマホからは出来ません。

反応スピードはイマイチです。ブラウザで閲覧するため、ブラウザの性能にもよると思います。専用アプリの開発を望みます。

2)明細一括編集


「OCN家計簿」では明細を編集する度に初期画面に戻ってしまい、直前に編集していた項目に戻るのが本当に面倒でした。その手間を無くすのがこの明細一括編集機能です。


明細一括編集を行うには、家計簿リストの上にある「まとめて編集」をクリックする必要があります。クリックしないと、一括編集は出来ません。クリックすれば、その月の編集は一括編集できます。ただし、前月の編集をする場合は、前月の「まとめて編集」をクリックしなければなりません。月額210円払っていても、一手間かかるのは残念です。

3)明細検索機能


「OCN家計簿」の悪いところだったのが、新しく取り込まれた明細だけを確認・編集することが出来ない点です。例えば高速道路のETC料金は約2ヶ月遅れで明細が取り込まれます。OCN家計簿を開く度に、2ヶ月前まで確認しないと、ETC料金の明細を確認できません。そこに対応したのが明細検索機能です。新着取り込みや、タグ付けした明細などを検索できるようになっています。


簡易検索では、支出額・収入額のランキング、重複の可能性のある明細、費目が空白、新着明細、現金支出の6つの項目で検索できます。検索した項目をまとめて編集することも可能です。結構便利ですね。


こちらは詳細検索、かなりの項目で絞り込めそうです。

ただ、私が分からないだけかもしれませんが、検索した後、通常の表示に戻す方法が分かりません。そういう細かい所、まだまだこれからと感じさせられます。



以上、有料オプションのレビューをしてきました。毎日使っている方は一括編集、新着絞込検索を使ってかなり効率的になると思います。家計簿で節約しているのに月額210円はどうか?という疑問も湧きますがね。
「Kakeibon」の現状はまだ開発途上という雰囲気がムンムンしているので、今後の進化を望みます!!

このブログの人気の投稿

酷すぎる!映画チケット予約「KINEZO」

「龍角散ののど飴」について、知っておくべき事。

行動記録アプリ「Moves」と「Moves Export」の使い方