簡単!Nexus 7(2013)専用ドックのHDMI出力をレビュー


ASUSから発売されたNexus 7(2013)専用のドッキングステーションを買って、HDMIでテレビに出力してみました。


Nexus 7(2013)専用のドッキングステーション


今回買ったのは、HDMI出力つき横置きスタンドタイプのNexus 7(2013)専用ドックです。Nexus 7の製造元であるASUSから発売されています。製品型番は「90XB01JP-BDS010」です。価格は3,980円。


開封の儀


パッケージはこんな感じ。隙間が気になるダンボールパッケージでしたw


ASUSの純正品というシールが張ってあります。


裏面に書いてあるスペック情報は次の通りです。

  • 出力ポート:Micro USB、Micro HDMI (Type D)
  • サイズ:218mm x 106mm x 77 mm、質量は142g
  • サポートOS:Android 4.3以降
  • 対応機器:Nexus 7(2013)
内容物は至ってシンプル。ドッキングステーションと簡単な説明書のみ。説明書は読むことないでしょう(苦笑)。HDMIケーブルや電源コードは付属してません。電源コードはNexus 7に付属していたケーブルを使えます。


Nexus 7と接続する端子。カバーを付けている人は毎回外さないと差し込めないような仕様になっておりますので、注意してください。


裏側にあるMicro USBとMicro HDMIの端子。


全く問題ありませんが、Nexus 7を立てかけるプラスチック部分は後ろが透ける素材で出来てます。



テレビへのHDMI出力


まず、私が購入したHDMI端子はこちら。タイプA - タイプDの端子を買いましょう。


Nexus 7をセットするのはとっても簡単です。横にスライドするだけ。


後はケーブルをつなぐだけ。とても簡単です。実際にテレビに繋げてみた様子がこちら。Google Playで独占提供されていたDisneyの映画を見てみました。


ご覧のとおり、Nexus 7側には「HDMI画面で再生しています」と表示され、操作が出来るようになっています。テレビ側は純粋にコンテンツが表示されています。音量はミュートと最大のみ選べるようになっており、テレビ側で音量調節をします。また、縦画面で表示すれば、テレビ側も縦で表示されます。

ホーム画面やブラウザは普通に同じ画面が表示されます。


YouTubeで使っている様子の動画を公開してますので、そちらも参考にしてください。



気になった事


やはりメジャーな商品じゃないので、気になる点も幾つかありました。
まず、HDMI接続なのに、画面にピッタリ表示されないです。上の部分が少し切れてしまっています。


Nexus 7(2013)の解像度は1,920✗1,200(WUXGA)ですので、テレビ側には左右に少し黒い帯が入ります。さらに、時々音がNexus 7から出てくることがあります。再現性が分からないので、原因を特定できていませんが。。。分かり次第追記します。


まとめ

  • 安くて簡単にテレビに出力できる。
  • 有線なので、Nexus 7は手元に置けない。
  • 性能は少し安定していないが、問題ないレベル。

このブログの人気の投稿

「龍角散ののど飴」について、知っておくべき事。

酷すぎる!映画チケット予約「KINEZO」

家計簿「Kakeibon」対「Money Forward」 徹底比較!