iPhoneの液晶保護強化ガラス「GLAS.t」使用レビュー(後半)


iPhoneのスクリーン用保護ガラス「GLAS.t」を使ってみた、の後半。
(装着してから1ヵ月半以上経ってのレビューです) 

「GLAS.t」の内容物は下記のとおり。
・保護ガラス本体
・クリーニングクロス
・エターナルを含んだクロス
(これは嬉しい。手垢などが綺麗に取れた。)
・空気抜きヘラ
・ホームボタン用シール
・正規品証明書


実際に装着する際、裸で風呂でやろうかとも思ったが、「装着しやすい」ことが売りの商品だし、勢いで部屋でやってしまった。ただし、この商品は失敗は許されないので注意。

私がやった装着の手順です。
  1. まず、エターナルを含んだクロスで、綺麗いに拭く。
  2. 保護ガラスを準備する。
    (表と裏を確認。BACKのタグが付いている方がiPhoneに張る側)
  3. もう一度クリーニングクロスで拭く。
  4. すぐに保護ガラスをiPhoneの上に合わせる。
    (強く押し付けない限り、張り付かないのでご安心を)
  5. 場所が定まったら押し付ける。
  6. 自然に張り付くまで待つ。
  7. 端っこの空気をヘラで押し出す。
  8. 完成!
    (筆者は埃が一つだけ入ってしまった)


ちょっとカバーを付けているので、分かりにくいが、手前側に一枚ガラスが張り付いているのが分かると思う。分厚いので凄い安心感を得られる。タッチの精度も全く問題ない。

ただし、分厚いのでホームボタンが押しにくくなる難点がある。その場合は、付属のシールを貼ろう。四角いマークが真っ直ぐになるように貼ることが必須。
(筆者は真っ直ぐに貼れず、大変後悔し、シールを剥がした上で、結局シール無しで過ごしている)
もちろん、シールは貼らなくても慣れれば大丈夫だ。

【GLAS.tのメリット】
  • iPhoneのRetinaディスプレイの美しさを損なわない。
    (これが何にも勝って素晴らしい!)
  • ジーパンで汚れを拭いても、傷がつかない丈夫さ。
  • 一度貼れば、数年はもつであろう安心感。
【GLAS.tのデメリット】
  • 少し、分厚くなり、ホームボタンが押しにくい。
    (付属のシールで回避可能)
  • 貼り直しは不可能。プレッシャーに弱い人は注意。
  • カバーによっては、装着できないかも?

こんな感じだろうか。個人的には非常におすすめな商品です。

このブログの人気の投稿

「龍角散ののど飴」について、知っておくべき事。

酷すぎる!映画チケット予約「KINEZO」

家計簿「Kakeibon」対「Money Forward」 徹底比較!